本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

暮らし

高校生活の抱負を作文で800字書く!【例文あり】あなたのやりたいことを書こう!書き方のコツをご紹介♪【書き出し】の悩みから解放! 

2月 19, 2023

「高校生活の抱負を作文で800字書きなさい」突然出される宿題。

どうしよう、800字も文章なんてかけないよ...

そんな困っているあなたへ!私が担任の先生に代わって、作文の書き方の授業を始めます!800字はすぐ書けるようになりますよ♪

ノート・ペン・ワクワクする気持ちがあれば大丈夫。何をどう書けばよいか、あなたが理解できるようにお話ししますので安心してください。

私はあなたに、強く願っています。それは、高校生活の抱負を作文で書く宿題をさくっと終わらせて、新しく始まる高校生活を心から楽しんでほしい!と。

その楽しむ時間を確保するため、抱負の見つけ方・書き方のコツを最短時間であなたに教えます。

それでは、さっそく高校生活の抱負を、作文でさくっと書くための授業スタート!最後まで一緒に頑張りましょう。

高校生活の抱負を作文で書くコツ【目標までの道のり】

高校生活の抱負は、あなたがこれからやりたいことを書けばよいのです。

「そういわれても何も思いつかないよ!」そんなあなたの声が聞こえてきます。

安心してついてきてくださいね!抱負の決め方をお伝えします♪

高校生活の抱負を決める方法

抱負を決めるには、まず、目標を決める必要があります。

目標と言われてもすぐ出てこない場合は、自分の悩みや課題をノートに書きだしましょう。

思いつくままでOK!あなたの心の中にあることを、ノートへぶつけるのです。

例えば過去に達成できなかったことや、高校生となった自分がなりたい姿・憧れの人を想像してみると書きやすいでしょう。

ん~全然おもいつかないよ~!

それでは、例を挙げて一緒に考えてみましょう。

  • 友達をたくさん作る
  • 勉強する
  • 部活に入る
  • 資格を取る
  • クラス委員になる
  • 行事に出る
  • 将来の目標を決める
  • 本を読む
  • 弁当を自分で作る
  • 友達と制服でディズニーランドに行く
  • アルバイトする

「そんなことでいいの!?」なんて声が聞こえてきそうですね。そうなのです、答えは案外身近にあるのです♪

高校生活への期待や、世界が広がるワクワク感を感じながら、素直に思ったことをノートにかいてみてください。

私は「友達をたくさん作る」かな~!?

何か書けましたか。今あなたが書いたのが「目標」です。別の言い方をすると、ゴール。

宿題は抱負を書くことでしたね。ここでしっかりと区別しておきたい「目標」と「抱負」の違いをお話しします。

今後のあなたの人生で、いつか必ず役立ちますのでぜひ覚えておきましょう。

抱負と目標の違いとは

  • 抱負とは...心の中に持っている計画・決意のこと
  • 目標とは...達成したいゴール地点のこと

簡単に説明すると、「目標+目標までの道のり=抱負」です。

つまり、宿題である抱負を書くには、【具体的に何をするのか】まで書かなければなりません。

「~を作る」や「~する」だけではダメなのです。

例えば、あなたの目標が「友達をたくさん作る」だとします。

「目標+目標までの道のり=抱負」の式にあてはめてみると、次のようになります。

目標目標までの道のり抱負
友達をたくさん作る自分から積極的に話しかける友達をたくさん作るため、自分から積極的に話しかける

もし、思いつかない場合は、例を挙げますので参考にしてくださいね。

高校生活の抱負【10例】

  • 友達をたくさん作るため、積極的に自分から話しかける
  • 勉強に励むため、毎日1時間机へ向かう
  • 新しい部活を始めたいから、勇気を出して入部する
  • 英検を取りたいので、英語検定の過去問題を解く
  • クラス委員になるため、自分から挙手して立候補する
  • 行事を盛り上げるために、クラスの仲間と協力して準備をする
  • 将来の目標を決めたいから、自分が何が好きなのかを3年間で考える
  • 本を読みたいので、図書館から毎月5冊本を借りてくる
  • 弁当を自分で作るために、毎朝30分早く起きて準備する
  • アルバイトをするために、親・学校の許可を取る

目標+目標までの道のり=抱負。これであなたの「抱負」は、ばっちり♪

あと少しで宿題も終わりますよ!もうちょっとだけがんばりましょう。

高校生活でやりたいことは?その答えが書き出しになる!

高校生活の抱負をノートに書くことができました。では、次は文章にしていきます。

文章の書き出しは「あなたのやりたいこと」(目標=ゴール)を書きます。

とはいっても、いきなりは難しいと思いますので、文章の基本である「型」を覚えましょう。

作文の書き方【4つの型】にはめるだけ!

文章の書き方は次の4つの型にあてはめればOKです。

文章の型

  1. 答え(目標=ゴール)
  2. 理由
  3. 具体例
  4. 再度答え

「友達をたくさん作る」を例にして、型にはめてみましょう。

型にはめてみた

  1. (答え)友達をたくさん作る
  2. (理由)中学の友達とは離れてしまい新しく友達が欲しいから
  3. (具体例)自分から積極的に話しかける
  4. (再度答え)高校生活では、クラスメイトに積極的に話しかけて友達をたくさん作りたい

はじめに、あなたのやりたいこと「友達をたくさん作る」(答え)を書きます。

次に、なぜ友達がたくさんほしいのか(理由)を書くのです。

そして、友達をたくさん作るには何をするべきか(具体例)を書き、最後は「答え・理由・具体例」をまとめたものを書きます。

型にはめて文章にしてみた

私の高校生活の抱負は、友達をたくさん作ることです。

中学のときの友達とは離れてしまい、新しく友達が欲しいからです。

そのため、自分から積極的にクラスメイトに話しかけたいと思っています。

私は、高校生活ではクラスメイトに進んで声をかけていき、友達をたくさん作っていこうと考えています。

この4つの型にはめていき、あとは文と文をつなげることでスムーズに文章が書けるようになるのです。

やりたいことをまず書く。この書き方を覚えてノートに書いた抱負を文章にしてみましょう。

高校生活の抱負を800字例文で紹介!期待することを書く

高校生活であなたが期待することを書けたでしょうか。文章にするにはコツがありました。

ちょっと自信ないな~!

自信がなくても大丈夫!もし、ここまでの時間で文章がかけなくても焦らないでくださいね。

今から2つ例文(800字)を紹介します。どちらも4つの型にあてはめて書いたものです。

例文を見ることで「こんな風にかけばいいんだ」と理解がしやすくなるかと思います。

また、例文を参考にしながら自分の言葉で書くことも、立派な書き方のひとつです。

完全に丸写しはダメですが、「参考にしながら書く技がある」ことも覚えておきましょう♪

高校生活の抱負・800字例文【その1】

例文①

私の高校生活での抱負は、3つあります。

一つ目は、「友達をたくさん作る」です。

中学生のときに仲が良かった友達とは高校が離れてしまったので、これからの高校生活では新しく友達をたくさん作りたいと思っています。

そのため、自分から積極的にクラスメイトに話しかけようと考えています。

少しだけドキドキしますが、今からどんなクラスメイトと会えるのかが楽しみです。

私は高校生活で、勇気を出してクラスメイトへ自分から声をかけていき、たくさんの友達を作りたいと思います。

二つ目は、「新しい部活に挑戦する」です。

高校生活では、経験したことのないダンス部に入部したいと考えています。

中学生のときはテニス部でしたが、高校生活では新しいことに挑戦したいからです。

そのため、もともと興味のあったダンスにチャレンジしたいと考え、ダンス部に入部しようと思っています。

知らない世界へ勇気をだして踏み出すことで、高校生活への期待度を上げたいと思います。

私は、高校生活で、今まで挑戦したことのない新たなチャレンジをするために、未経験であるダンス部に入部しようと思っています。

三つ目は、「毎日お弁当を作る」です。

高校生活では、お弁当を毎日、自分で作って持っていきたいと思っています。

お弁当を自分で作ることで、早起きする力をつけ、親への負担を少なくしたいからです。

そのため、今のうちに簡単に作れるお弁当のおかずを親に聞いたり、自分で調べたりしていざお弁当作りが始まったとき、慌てないようにしようと思います。

また、お弁当を作るには早起きが必要なため、今日から毎朝30分早く起きる練習をしようと計画しています。

私は、高校生活で早起きできるようになるため、また親への負担を減らすため、毎日のお弁当を自分で作って持っていこうと考えています。

以上、3つの抱負をかかげて、これから始まる高校生活3年間を、楽しみながら後悔のない充実したものにしたいと思います。

これで800字です。見やすいように、太文字は答え・赤文字は具体例にしてあります。

3つの抱負「友達をたくさん作る・新しい部活に挑戦する・毎日お弁当を作る」を、それぞれ「答え→理由→具体例→答え(再)」の順番に書いただけ♪

高校生活の抱負・800字例文【その2】

もう一つ例文をご紹介します。こちらも800字です。(太文字は答え・赤文字は具体例)

例文②

私はこれからの高校生活で抱負が3つあります。

一つ目は、「部活」です。

高校生活ではテニス部に入部したいと考えています。

私は中学3年間テニス部に所属しており、県選抜にも選ばれました。

仲間とともに切磋琢磨し、毎日の練習を乗りこえて試合に勝った時の経験が、今の私の財産となっています。

しかし、全国大会へ出場することは叶わずとても悔しい思いをしました。

だから、高校生活ではもっと練習して上手になり、試合もたくさん出られるようになりたいと思っています。

先輩から好かれるよう、敬語もちゃんと話せるようになりたいです。

中学の時と同じく、テニス部の中で一生の仲間だと言える友人もたくさん作りたいと思っています。

私は、高校生活でテニス部に入部し、仲間と勝つ喜びをまた噛みしめたいと考えています。

二つ目は、「勉強」です。

中学生時代は、部活を言い訳に勉強をさぼってしまうことが多く、テストで痛い目にあったことが何度もありました。

高校生活ではそんな悔しい思いをしたくないので、予習・復習を毎日1時間はやる習慣をつけて、自信をもってテストに挑めるようにしたいと思っています。

また、部活との両立もうまくできるよう時間の使い方も工夫していきたいです。

私は、高校生活では部活を言い訳にせず、毎日机に向かう習慣を少しでもつけて、勉強も積極的に励みたいと考えています。

三つ目は、「自分の将来について」です。

私はまだ将来の夢が見つかっていません。自分の好きなこと・得意なことがわからないからです。

そのため、高校生活では、3年間いろいろな経験をしながら自分の得意・不得意を見つけ、将来の夢を見つけたいと考えています。

部活や勉強以外も新しいことへどんどん挑戦していき、自分の幅を広げながら好きなことを見つけたいと思っています。

以上、私の高校生活の抱負3つを胸に、これから始まる新しい生活に期待しながら、有意義な生活をしていきたいと考えています。

文章を書くことが慣れていない場合でも、型にはめればあとは文と文をつなげればよいだけ!

語尾(~です・~ます)が同じものが続かないように気をつけましょう。

難しく考えなくてよいのです。あなたが高校生活で期待していること、やりたいことを素直にそのままかけば立派な抱負文!

この作文に点数がつけられるわけではありません。あなたがどんな人なのか相手(先生)は知りたいのでしょう。

肩の力を抜いて、これからの高校生活での生活を思い浮かべながら、ぜひ楽しく書いてみてください♪

ここだけの話、私の姪っ子は「高校生になったら、一生に一度の思い出として制服を着て友達とディズニーランドへ行きたい。」と書いていました(笑)

そして、無事その抱負を実現させていましたよ♪制服ディズニー、いいですよね。青春っていいなぁと感じた瞬間でした。

今あなたがノートに書いたその抱負をさくっと文章にして、宿題を終わらせてしまいましょう!お疲れさまでした♪

学校の早退理由で高校生がサボりだとバレにくいのは仮病・病院・家庭の事情!親に内緒は難しい?高校生が早退する方法を紹介します!

高校生が学校を早退する理由で一番サボりだとバレにくいのは仮病で、歯が痛い・頭痛・腹痛が便利です。また、病院に行く・家庭の事情を理由にする手段もあります。 早退したことを親に内緒にしたいかもしれませんが ...

続きを見る

まとめ

  • 高校生活の抱負を作文で書く前に、目標を書きだす
  • 高校生活でやりたいことが、作文の書き出しになる
  • 高校生活であなたが期待していることを素直に書く
  • 4つの型にあてはめれば800字も怖くない
  • 型は「答え・理由・具体例・再度答え」の順番!
  • 抱負を書くとき、もし迷ったら例文を見ればOK!

高校生活の抱負を作文で書くのは難しいことではありません。まずはあなたがやりたいことをノートに書きだしてみましょう。

あとは型にあてはめて文をつなげるだけ!シンプルに考えましょう。

ぜひ、文章の書き方を覚えてこれからのあなたに役立ててください。応援しています♪

高校から始めても遅くない部活は?運動部なら卓球・文化部は吹奏楽や茶道がおすすめ!女子高出身の筆者が紹介♪運動音痴もOKの部活3選

中学で部活経験がなかったり、途中で部活をやめてしまったりした人も、高校から部活を始めようか迷っているのではないですか? 高校から始めても遅くない部活はたくさんあるのです。部活に打ち込んでいる人の姿は憧 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

kismet

6歳の男の子を育てている、愛知県在住の30代後半の主婦です。 学生時代にワープロ競技大会にて上位入賞した経験から、タイピングが特技でもあり趣味です。タイピングが好きすぎて、最近は自分好みのキーボ-ドを探すことにはまっています♪

-暮らし
-, ,